東京都内を中心に家事代行、ベビーシッター、家政婦のサービスはぽっかぽかへ

東京で家事代行、ベビーシッター、家政婦のことならぽっかぽか!(世田谷 渋谷 目黒 港区ほか)

2018年~目黒区のお花見情報~

      2018/03/20

こんにちは!ぽっぽぽかです。

3月に入って暖かい日が続いたこともあり、今年の桜の開花は例年より早まると予想されています。

今回は、ぽっかぽかをご利用いただく方が多い目黒区のお花見の名所をご紹介します。

sakura (1)

1. 桜の開花予想

3月13日、ウェザーニューズは「第五回桜開花予想」を発表しました。

3月になってから暖かいこともあり、全国的に例年より早めの開花予報となっており、東京では3月19日に開花が予想されています。

19日に開花すれば、1週間後の3月26日頃には満開の桜が見られますが、急に気温が下がると開花が遅れ、満開までの期間が2週間と長くなることもあります。

 

2.目黒川の桜

目黒川沿いの桜並木は、約3.8kmの目黒川沿いの両岸に、ソメイヨシノ、サトザクラ、シダレザクラ約800本が咲き誇ります。

新宿御苑など大きな公園のお花見とは違い、川沿いを歩きながら桜を楽しむことができます。

そっと手を伸ばせば届く距離に美しい桜を眺められ、川面に向かってしなだれるように枝を伸ばして咲き乱れる桜はとても見事です。

例年、夜には天神橋から蓬莱橋までライトアップされ、周辺の飲食店が焼き鳥、軽食などの屋台を出し、夜遅くまで見物客でにぎわいます。

 

また、例年3月の終わりから1週間程度、「目黒川の桜祭り」が開催されます。

例年、特設ステージが設けられ、吹奏楽や和太鼓の演奏、ダンスや踊りが披露されます。

今年のイベントについてはまだ発表されていませんが、3月下旬になったら情報をチェックしてから出かけるのもよいでしょう。

 

3. 目黒川の桜見物ルート

目黒川沿いの桜見物は、目黒駅(山手線)、中目黒駅(東急東横線)、池尻大橋駅(東急田園都市線)の3駅から出発できます。

中流の桜が一番きれいなので、最寄りの中目黒駅は、お花見時期に改札付近がかなり込み合い、下車してから改札を出るまでに一苦労、徒歩1~2分の目黒川に出る道も込み合います。

駅のトイレも長蛇の列ですので、お子さんを連れてお花見の際には余裕を持ってお出かけください。

 

込み合う中目黒駅を避け、池尻大橋(東急田園都市線)から、中目黒駅方面に向かって、目黒川沿いを散策するのもよいでしょう。

池尻大橋駅付近は人も少なく、のんびりと桜を楽しめます。

ただし、中目黒駅近くなってきますと混雑してきて、なかなか前に進むこともできなくなります。

午前の早い時刻はまだ空いていますので、お近くの方は早めに出かけるとよいでしょう。

 

☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆☆...☆☆...☆

お掃除、お洗濯そしてご飯の支度など、家事代行のことなら家政婦(お手伝いさん)にお任せを。
お子様のお世話をお願いしたい時はベビーシッターを。
東京の家事代行サービス、ベビーシッター ぽっかぽかのホームページはこちらへ
お家のことは何でもぽっかぽかへご相談下さい。お気軽にお問合せを。

☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆☆...☆☆...☆

 - ベビーシッター

Copyright ぽっかぽか株式会社