東京都内を中心に家事代行、ベビーシッター、家政婦のサービスはぽっかぽかへ

東京で家事代行、ベビーシッター、家政婦のことならぽっかぽか!(世田谷 渋谷 目黒 港区ほか)

目黒区でおすすめ!小さい子もアートに親しめる東京都庭園美術館

      2020/10/07

こんにちは!ぽっかぽかです。10月は暑すぎず寒すぎずで、おでかけしやすい時期ですね。今回は、目黒区で美しい庭園を楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

Tokyo_Metropolitan_Teien_Art_Museum

親子でアートに親しもう!東京都庭園美術館

東京都庭園美術館は港区白金台5丁目にある美術館です。同館の建物は朝香宮夫妻の邸宅として建造されたもので、後に政府が借り受け白金迎賓館として使用されていました。1983年に東京都庭園美術として一般公開され、2014年にリニューアルオープンしています。2015年には本館、茶室、正門等が国の重要文化財に指定されました。

 

東京都庭園美術館を利用するには、入館料および入園料が必要です。庭園のみ利用の場合は、入園料だけで入ることができます。入館料は展覧会によって異なりますが、入園料は一般200円、大学生が160円、中高生は100円で、小学生以下が無料です。また、都内在住在学の中学生も無料で利用することができます。開館時間は10時~18時で、入館は17時30分までとなっています。

 

美しい建築様式は必見の価値あり!

東京都庭園美術館は、建造当時から内装がほとんど変わっていません。アール・デコ様式で統一されたモダンな建物内部は、歩くだけでも優雅な気分に浸れる美しい空間です。正面玄関のガラスレリーフ扉、大客室を照らすルネ・ラリック制作のシャンデリアなど、建築に詳しくない人をも魅了する見どころがたくさんあります。

 

庭園部分は、芝庭・西洋庭園・日本庭園と茶室から成り、芝庭ではシートを敷いてゆったり過ごすのもおすすめです。飲食可能なので、お弁当やおやつを食べることもできます。ボール遊びなどはできませんが、小さなお子さんが芝生の上で走ったり寝転んだりしても安心のきれいな芝庭です。誰でもトイレが設置されているので、オムツ替えもできます。

 

小さい子向けのルームやワークショップも!

美術館に入る際は、ベビーカーは受付に預ける必要があります。建物維持管理のため、館内は抱っこ紐を利用することになっているのです。ただし、館内1階には授乳室やオムツ替えシート付の誰でもトイレがあり、赤ちゃん連れでも安心して過ごすことができます。また、館内にある「ウエルカムルーム」は小さいお子さんがのびのびと過ごせる空間なので、美術鑑賞の合間に休憩を取る場所としてもおすすめです。

 

東京都庭園美術館では不定期で子供向けワークショップが開催され、子供たちがアートに親しむ場を提供しています。予約不要で自由に参加できるので、もし来館時に開催されていたらぜひ参加してみてください。展覧会ごとに異なるプログラムが開催されており、参加する度に新しい発見があるはずです。2020年の10月は、東京都庭園美術館で家族そろってアートに触れてみてはいかがでしょうか。展覧会内容や開催時期、開館情報などは日々変わる可能性があるため、ご利用の際は事前に確認の上、来館してみてくださいね!

 

☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆☆...☆☆...☆

お掃除、お洗濯そしてご飯の支度など、家事代行のことなら家政婦(お手伝いさん)にお任せを。
お子様のお世話をお願いしたい時はベビーシッターを。
東京の家事代行サービス、ベビーシッター ぽっかぽかのホームページはこちらへ
お家のことは何でもぽっかぽかへご相談下さい。お気軽にお問合せを。

☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆☆...☆☆...☆

 - ベビーシッター

Copyright ぽっかぽか株式会社